イルグルム(3690)、株価、業績分析、強みと成長可能性

イルグルム(3690)、株価、業績分析、強みと成長可能性

本ブログでは、小型株やお金に関する情報をメインにしています。今はブログや本以外にも、無料から参加ができるファイナンシャルアカデミー や、【投資の達人講座】 等、オンラインで学習ができるサイトもありますので、無料期間中に試してみて、投資の基本の考え方やノウハウを無料で取得するという方法も有りです。

本記事では、データとテクノロジーを活用して企業のマーケティングDX活動を支援する企業イルグルム(3690)をご紹介します。まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/10/17)

時価総額:60億円

PER(予):32倍

PBR:4.2倍

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:1,612

2017年:1,719

2018年:1,804

2019年:2,204

2020年:2,618

2019年以降、二桁成長を達成しています。毎年右肩上がりで伸びているので、売上で見ると成長企業と言えます。

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:247

2017年:92

2018年:-98

2019年:84

2020年:276

2018年に赤字となりましたが、直近は利益が出ているようです。2012年まで遡ってみても、赤字は2018年のみとなります。

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:168

2017年:72

2018年:-88

2019年:-34

2020年:183

2018,2019年と赤字でしたが、2020年に黒転しています。

ROE推移

(単位:%)

2016年:14.1

2017年:5.9

2018年:-

2019年:-

2020年:14.3

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:-

2017年:-

2018年:741

2019年:741

2020年:1,076

2018年以降有利子負債が増加しているので、この点は気になるところ。

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:762

2017年:680

2018年:1,193

2019年:773

2020年:1,118

現金も特に大きく増えておらず、負債が増えているので、ここも少し気になる点です。

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:141

2017年:143

2018年:15

2019年:207

2020年:521

営業キャッシュフローも、1億〜2億円程度、直近大きく伸ばしていますが、過去はそこまで大きな営業キャッシュフローを生み出せてはいません。

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-149

2017年:-193

2018年:-212

2019年:-526

2020年:-510

直近2年間は大きく投資キャッシュフローを増やしています。

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-12

2017年:-31

2018年:710

2019年:-100

2020年:334

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-8

2017年:-50

2018年:-197

2019年:-318

2020年:11

フリーキャッシュフローはプラスで推移はしていないので、安定的にキャッシュが積み上がる体制にはなっていません。

事業内容

株式会社イルグルムは、データとテクノロジーを活用して企業のマーケティングDX活動を支援する企業です。主力事業のマーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」は、業界で圧倒的なシェアを誇るサービスです。

展開している事業として、マーケティングプラットフォーム事業と商流プラットフォーム事業の2つが挙げられます。それでは2つの事業を順番に見ていきましょう。

マーケティングプラットフォーム事業

アドエビス

マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」は、精度の高いデータでマーケティングの意思決定を支えるサービスです。計測データは、個人情報保護の強化に対応する形で、ユーザーのプライバシーに配慮しています。データの計測・分析・活用までの必要な機能を一つのパッケージで提供しており、デジタルマーケティング施策の最適化や成果の最大化を実現します。

アドレポ

広告代理店向け案件管理ツール「アドレポ」は、従来は手作業で行われてきた運用広告のレポート作成を自動化します。20媒体以上のデータを一括で、すぐにレポートとして出力することができ、メールでのレポートの自動送付も可能です。予算管理機能も実装しており、広告主別、アカウント別、キャンペーン別などの切り口で、予算の消化状況を把握することができます。

アドナレッジ

広告代理店に特化したクラウド案件管理ツール「アドナレッジ」は、運用型広告を扱う広告代理店の向けの製品です。各案件の広告出稿状況の自動取り込み機能や、顧客・案件に係る情報を一括管理する機能、請求データの作成などの事務作業を自動化する機能などがあります。

アドフープ

マッチングプラットフォーム「アドフープ」は、インターネット広告を出稿する広告主に対して、最適な広告代理店を紹介するサービスです。300社以上の代理店ネットワークや1万件以上の過去実績を活用し、候補となる広告代理店の選定から、紹介までを支援します。

商流プラットフォーム事業

EC-CUBE

オープンソースのECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」は、低価格で本格的なECサイトを構築することができるサービスです。国内最大規模のオープンソースコミュニティを持ち、EC構築パートナーの探索、利用者情報の取得、質問をすることができます。

考察

マーケティングプラットフォーム事業が売上の大半を占めており、その中でも特に「アドエビス」への依存度が高いビジネスモデルとなっています。

コアビジネスであるアドエビス自体のアカウント数の増加ペースは高くないため、新規サービスの拡充が急務と思われ、当社としても新規ビジネスの開拓に力を入れている模様です。

マーケティング領域は、海外のツールも参入してくるかなりレッドオーシャン領域でもあるので、ここでどのようにアカウント数を伸ばして差別化をしていくのか、なぜ伸びていないのかについて、要因を理解する必要があると言えるでしょう。

一方で、EC、デジタルマーケティングともに領域としては今後も数少ない成長領域であることは間違い無いので、今後の進展が注目されます。


最後に、個別銘柄投資以外の選択肢として、カリスマファンドマネージャー藤野英人が運用する 【ひふみ投信】 もオススメです。足で稼いだ情報で日本全国の中小企業を発掘し、「日本を根っこから元気にする」という熱いミッションを持った投資信託なので、他とは少し違う共感型の投資信託と言えます。本ブログとのコンセプトにも近い、長期投資や本質的な企業価値をベースにした投資信託です。

※本記事に掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものです。特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また記載事項個人の調査に基づくものであり、100%正確であるとは限りませんので。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。