【投資本】株式投資の本質を理解するためのおすすめ本、6冊

【投資本】株式投資の本質を理解するためのおすすめ本、6冊

今回は、これまで何十冊と投資に関する本を読んできた筆者が特におすすめする投資の本質を理解することに役立つ本を紹介します。

小手先のテクニックというよりは、ビジネスや投資の本質を理解するという目的でこれまで投資に関する勉強をしてきました。

基本的には、長期投資家を目指しており、同じような投資初心者や既に経験豊富な上級者の方まで、多くの方の参考になる本だと自信を持っておすすめできる本のみ紹介しています。

株で富を築くバフェットの法則[最新版]—不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

株式投資で巨万の富を1代で築いたウォーレンバフェット。筆者は、株式投資における本質的、根本的なエッセンスは全て彼から学んでいます。

バフェットに関わる本の中で特にまとまっていてお勧めの一冊。

個人的には、比較優位性を築ける企業を探すことの重要性について特に大きな学びとなった。



株式投資で普通でない利益を得る

株式投資の基本的な考え方、時代を超えても変わらない普遍的な項目について、理解することができる一冊。

バフェットもこの本を読み、直接筆者に会いにいったほどの内容。

基本的な投資に対する考え方のベースはこの一冊から獲得した。



マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について

バフェットの相棒で、影でバフェットを支えたブレーン。彼の長年の投資に対する考え方を理解することで、株式投資における普遍的なエッセンスを少しでも理解することができる一冊である。

バフェットに多大な影響を与え、今のバークシャーがあるのも彼のおかげである要素も大きい。

特に、本書内で言及されている「忍耐」を大切にする姿勢は見習うべきポイントであり、他の大多数の投資家と差別化するポイントである。



ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

株式市場は不合理である、数値だけで判断できる合理的なものでなく、芸術に近いという言葉に感銘を受けた。

単純化はできないことを理解し、その中でも相対的に良さそうな確率の高い企業を見つけることについて大変示唆に富む一冊。

投資にまつわる数多くのヒントが隠されている。



私の財産告白

投資の元手となる種銭をどのように作るのかという点において、とても参考になります。

種銭をどうやって作るか、貯蓄をどの様に形成するのかについて、本質的な考えを理解できます。

本書の中で出てくる好きな言葉、「人生即努力、努力即幸福」は著者のメッセージを体現しています。

投資や貯蓄だけでわない時代を経ても生き方に関する普遍なメッセージが数多く散りばめられている名著です。



ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~

ファイナンスの理解がないと、企業の実態が把握できないので、ファイナンスの本質を理解したい人にお勧めの一冊です。

会計を理解した人でも、「なぜ」そうなっているのかが理解できていない人も多いはずで、本質的な理解をしたい人にはお勧めの一冊です。