【初心者必見の本】株式投資の本質を勉強するため、超おすすめ10冊の本

【初心者必見の本】株式投資の本質を勉強するため、超おすすめ10冊の本

今回は、これまで何十冊と投資に関する本を読んできた筆者が特におすすめする投資の本質を勉強することに役立つ本を紹介します。

小手先のテクニックというよりは、ビジネスや投資の本質を理解するという目的でこれまで投資に関する勉強する方におすすめの本です。

投資初心者や既に経験豊富な上級者の方まで、多くの方の参考になる本だと自信を持っておすすめできる本のみ紹介しています。

初心者の方は、早い段階で本質的な考え方や思考方法をウォーレンバフェットをはじめとした著名投資家の本を読み、インプットしておくことが長期で役に立つものだと信じています。

おすすめ本①:株で富を築くバフェットの法則[最新版]—不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

株式投資で巨万の富を1代で築いたウォーレンバフェット。株式投資における本質的、根本的なエッセンスは全て学ぶことができます。

マーケットがどんな状況であろうとも、常に企業価値という本質を見極め、徹底した自分のルールに基づいて投資を実行しています。

投資の世界では彼ほど影響力を持っている人は他にいないと言っても過言ではないでしょう。

この本は、バフェットに関わる本の中でも、特に内容が簡易的にまとまっていて、初心者にはお勧めの一冊となっています。

個人的には、比較優位性を築ける企業を探すことの重要性について特に大きな学びとなった。



おすすめ本②:株式投資で普通でない利益を得る

株式投資の基本的な考え方、時代を超えても変わらない普遍的な項目について、理解することができる一冊。ウォーレン・バフェットもこの本を読み、直接筆者に会いにいったほどの内容です。

基本的な投資に対する考え方のベースはこの一冊から獲得できます。

内容としても、個人投資家が知りたい内容が充実しています。例えば、「株を買うときに調べるときに15のポイント」などは初心者の人は、購入する前にどのようなポイントを見るべきかを勉強するためには、必読の項目でしょう。



おすすめ本③:マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について

バフェットの相棒で、影でバフェットを支えたブレーン。彼の長年の投資に対する考え方を理解することで、株式投資における普遍的なエッセンスを少しでも理解することができる一冊である。

バフェットに多大な影響を与え、今のバークシャーがあるのも彼のおかげである要素も大きい。

かの有名な大富豪でマイクロソフトの創業者であるビルゲイツも以下のように言及している。

「チャーリー・マンガーほど物事を幅広く考えている人間を他に知らない。」(ビル・ゲイツ)

特に、本書内で言及されている「忍耐」を大切にする姿勢は見習うべきポイントであり、他の大多数の投資家と差別化するポイントである。



おすすめ本④:ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

株式市場は不合理である、数値だけで判断できる合理的なものでなく、芸術に近いという言葉に感銘を受けた。単純化はできないことを理解し、その中でも相対的に良さそうな確率の高い企業を見つけることについて大変示唆に富む一冊。

投資にまつわる数多くのヒントが隠されている。特に、本著は考え方以外にも、実践的にどうやってい活かすことができるかも示唆を与えてくれる一冊となっているため、初心者の人でも分かりやすく理解ができる。



おすすめ本⑤:私の財産告白 by 本多 静六 

投資の元手となる種銭をどのように作るのかという点において、とても参考になります。種銭をどうやって作るか、貯蓄をどの様に形成するのかについて、本質的な考えを理解できます。

本書の中で出てくる好きな言葉、「人生即努力、努力即幸福」は著者のメッセージを体現しています。

投資や貯蓄だけでわない時代を経ても生き方に関する普遍なメッセージが数多く散りばめられている名著です。考え方としてはバフェットなど本質的思考をする世界的に著名な投資家と似ている部分があります。

これから投資を始めたいと考える初心者の方は、まずはどうやって投資のための種銭を作るかという観点から参考になる一冊となっていると思います。



おすすめ本⑥:ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~

ファイナンスの理解がないと、企業の実態が把握できないので、ファイナンスの本質を理解したい人にお勧めの一冊です。

会計を理解した人でも、「なぜ」そうなっているのかが理解できていない人も多いはずで、本質的な理解をしたい人にはお勧めの一冊です。

会社の本質を理解するためには、財務を理解することを避けては無理だと思います。

PL/BS/CFなどの財務三表がどのようにつながっているのかということをシンプルに理解するだけでも、企業の本質を理解するための一歩が踏み出せます。

成功している投資家の方達は、必ずと言っていいほど数字を大事に分析、企業の本質的な価値を理解しています。

会計や財務の勉強にはアレルギーのある方も多いかと思いますが、本著はその中でもシンプルに分かりやすく本質を説明している一冊なので、初心者でも理解を深めることができる一冊だと自信を持っておすすめができます。


おすすめ本⑦:知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ

株式投資とは何か、株の仕組みについて本質的に理解を深めることができる一冊です。

特に著者は「価値」についての考察を深く進めており、企業の価値とは何か、どうやって価値を求められるかなど具体的な方法について説明しています。

最終章では、「感情の罠」として、株式投資における天敵である自分自身の感情との戦い方について示唆を与えてくれます。

投資に役立つ7つの週間の項目などは、すぐに始めることができるアドバイスであり、一読の価値はあります。

著者である山口陽平氏は、本質的に物事を捉えることができる、思想家であることが著書を通じて実感できる一冊です。

テクニックや技術を学ぶ前に、本質を掴むことで、株式投資の理解を深めてみませんか?


 

おすすめ本⑧:PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

世界最大のファンド、ブリッジウォーター設立した、レイ・ダリオ氏著の一冊です。

株式投資における直接的なアドバイスというよりは、企業経営に関する哲学や原理原則について理解を深めることができる一冊となっています。

原理原則を理解することで、強い組織や成長できる企業に必要な要素は何かということを理解することができます。

それらを通じて、企業の競争力を正しく掴むことができるのではないかと思い、お勧めの一冊として加えています。

詳しい中身については、記事で紹介した以下で理解していただければと思います。

参考記事:レイ・ダリオの本 Principles: Life and Work (人生と仕事における原理)

特に個人的に学びとなった項目としては、組織を構成する要素を「人」と「デザイン」として捉えていた点です。

多くの企業では、「人」を大切に最も重要な要素と取り上げていますが、それらが正しく機能するためには、「デザイン」が重要である点であるということ。

そういう意味では、強い組織は、「デザイン」が優れているということが理解でき、企業を調査、分析する際にも、とても参考になります。

おすすめ本⑨:ざっくり分かるファイナンス

「会計」と「ファイナンス」の違いを説明できますか?初心者だった当時は私もフィナンスの基本も理解していませんでした。

しかし、本著を通じて、ファイナンスの基礎を理解することができ、自分でも企業のバリュエーションを簡易的に算出することができるようになりました。

フリーキャッシュフローを求めて、現在価値に割り引いて、企業価値を算出するなど、簡易的にできることができれば、高値掴みをすることを避けることができます。

少々難易度は上がってしまうのですが、中級者や上級者の方は、いわゆる投資のプロという方たちがどのように企業価値を算定しているのかを理解することができる一冊となっています。

中身は、そこまで専門的な用語を使っているわけではなく、初心者であってもスラスラと読むことができる構成になっているので安心して取り掛かれる一冊となっています。

ファイナンスの本は数多く試してみたのですが、いずれも専門知識を前提としている本が多く、挫折してしまいがちですが、本著は容易な文章で書かれているので、お勧めの一冊として紹介します。

おすすめ本⑩:ストーリーとしての競争戦略

成長企業への長期投資を前提とした投資を実行したい場合には、その企業が持つ戦略の優位性に気づかなければいけません。

私もいくつもの企業を分析しているのですが、面白いと思った会社は一様にして、綺麗な戦略ストーリーがあり、そこには長年の一貫性を感じることができます。

そして、その戦略ストーリーは、難解なものではなく、業界にいない私でも理解ができるシンプルなものだったりします。

本著「ストーリーとしての競争戦略」はそのような、企業の事例を通じて、ストーリーとしての競争戦略とは何かについて紹介してる名著となります。

今後、企業の本質的な競争力を、開示資料から理解したい人など、長期的に成長できる可能性のある企業を見つけたい人など、基本的な考え方を過去の事例から理解することができる一冊となっています。