デジタルハーツ HD(3676)、株価、業績分析、強みと成長可能性

デジタルハーツ HD(3676)、株価、業績分析、強みと成長可能性

デジタルハーツ HD(3676)の業績、売上高等を分析、考察しています。

まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/6/1)

時価総額:353億円

PER(予):22.8倍

PBR:5.6倍

時価総額は300億円を超えているので、中型株という水準です。PER予想は20倍台と過熱感はそこまでありません。

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:15,011

2017年:15,444

2018年:17,353

2019年:19,254

2020年:21,138

2021年:22,669

右肩上がりで成長はしているものの、二桁成長が続いている感じではありません。売上単体で見た時の成長性は、そこまでという感じです。

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:1,963

2017年:1,906

2018年:1,735

2019年:1,605

2020年:1,394

2021年:1,908

営業利益は安定していますが、売上に比例して伸びている感じではなさそうです。

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:361

2017年:795

2018年:1,200

2019年:1,575

2020年:792

2021年:974

2019年をピークに、減少傾向にあります。

ROE推移

(単位:%)

2016年:12.8

2017年:30.2

2018年:35.6

2019年:32.8

2020年:16.0

2021年:17.1

ROEは、2018,19年とよかったのですが、20年を境に悪化しています。

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:1,346

2017年:1,633

2018年:1,600

2019年:1,755

2020年:2,546

2021年:4,792

有利子負債も、2020年を境に増えています。2021年には大型の調達をしています。

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:2,197

2017年:3,344

2018年:3,894

2019年:4,162

2020年:3,704

2021年:5,041

現金と有利子負債の比率は1:1という水準です。

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:1,080

2017年:1,825

2018年:1,436

2019年:889

2020年:1,086

2021年:1,416

営業活動によるCFを見ると、利益ベースで過去最高だった2019年がが営業利益では過去最低水準であり、2021年は営業CFベースでは悪くない数字です。

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-17

2017年:-610

2018年:-618

2019年:62

2020年:-1,018

2021年:-1,813

2020年、2021年と大型の投資を実施しています。積極的に投資をしているため、資金調達が必要という背景が理解できます。

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-1,913

2017年:-69

2018年:-250

2019年:-693

2020年:-515

2021年:1,730

2021年には、17億円のプラスで推移しています。直近の5年間ではない動きなので、詳細が気になります。

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:1,063

2017年:1,215

2018年:817

2019年:951

2020年:68

2021年:-397

フリーキャッシュフローがずっとプラスで推移していたのが、2021年にマイナスに転じています。積極的な将来に向けての投資ということであれば、良いですが、収益性の変化であれば、気になるところです。

事業内容

株式会社デジタルハーツホールディングスは、ソフトウェアに潜む不具合(バグ)をみつけるソフトウェアテストの専門企業です。ソフトウェアを実際に操作しながら、動作に不具合がないか検証・チェックをします。

2017年からは「第二創業期」として、主力のエンターテインメント事業に次ぐ第二の収益の柱として、エンタープライズ事業の拡大に注力しています。また、国内ビジネスに加えて、グローバルビジネスの拡大も目指しています。

それでは2つの事業を順番に見ていきましょう。

エンターテイメント事業

デバッグ・デバッグ関連サービス

ソフトウェアの不具合を検出・報告する、デバッグの専門家集団を有しています。家庭用・オンライン・アミューズメント・モバイルなどのゲーム、パチンコ・パチスロなどのアミューズメント機器に対して、デバッグサービスを提供しています。8,000人の人的リソースを保有し、ゲームデバッグ市場では、No.1のシェアを誇っています。デバッグ関連サービスとして、ユーザーの動向調査やゲームのレビュー、カスタマーサポート業務も提供しています。

クリエイティブサービス

ゲームの企画・開発や、2D・3Dグラフィックの制作、ソーシャルゲームに特化したデジタルコンテンツの制作など、クリエイティブ領域でも広範囲にわたる制作サポートサービスを提供しています。

メディアサービス

日本最大級の総合ゲーム情報サイト「4Gamer.net」などのメディアを運営しており、ゲーム音楽やゲーム大会などのイベントの企画・運営やカスタマーサポートも提供しています。

エンタープライズ事業

テストサービス

ゲーム以外でも、WEBシステムや業務システムといった、IT全般に係るソフトウェアの検証サービスや、自動車の走行テストも手がけています。こうしたデバッグにAIを活用したり、テストの自動化を推進したりするなど、社内の人的リソースと技術を掛け合わせた、付加価値の高いサービスを提供しています。

セキュリティサービス

企業の情報セキュリティをトータルでサポートしています。テストによるソフトウェアの品質向上に加えて、顧客企業全体の安全性向上に貢献しています。

システム開発サービス

WEBサイトやシステム構築サービスを提供しています。設計・開発・テスト・運用の全工程に対応するだけでなく、海外にグループ会社も抱えており、アジア地域を中心とした多言語対応が強みです。

考察

以下箇条書きに、気になったポイントを記載しております。今後は個人も企業もシステム利用のニーズが増え続け、生活に密着になってきているので、システムの安定運用は社会的課題となってきています。

その時代背景からしても当社のサービスドメインはなかなか有望だと考えられます。

・システムのバグや不具合はITツールの浸透に伴って社会的な課題としてニーズはあり続けるので領域としては今後も伸びそう

・ただし、ゲームやアミューズメント系のデバックよりも、企業が使用するアプリケーションなどのテストニーズが増えてくるのではないかと考えられる

・実際に事業セグメントにおけるエンタープライズ事業はコロナ禍でありながら堅調に推移している

・セキュリティ系のサービスも成長している模様で、アプリケーションのテストとセットで、システムセキュリティの強化などをサポートできれば、かなりニーズはありそう

・積極的な資金調達や投資は、M&Aなど成長戦略の実行による一時的なもの、これは会社が変化する上でもポジティブに捉えられそう

参考までに、銘柄のスクリーニング方法やその他の小型株の情報に関しては以下が参考になります。

関連記事:【まとめ】小型、成長株のおすすめスクリーニング方法、実践編

関連記事:小型成長株、銘柄一覧【注目の新興銘柄70社を独自調査】

種銭を生み出すことの重要性や、どのように種銭を積み上げるのかという方法については以下参考にしてください。

関連記事:お金を増やすためには、元手となる種銭を早く作り、複利の効果を享受する

※本記事に掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものです。特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また記載事項個人の調査に基づくものであり、100%正確であるとは限りませんので。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。