目標達成までのプロセスを分解、達成のための技術を高めるには

目標達成までのプロセスを分解、達成のための技術を高めるには

人生において必ず身につけるべき目標達成の技術

人生のあらゆるフェーズで重要となってくる技術として目標達成の技術があります。

資格勉強や専門的なスキルなど様々な技術はありますが、その根底には目標達成の技術があると私は考えています。

全ての人が間違いなく、これまでの人生を振り返ってみても様々な目標と達成を繰り返してきているはずです。

例えば、

・学生時代に、受験勉強で志望校に合格するという目標

・部活で大会に出て優勝を目指すという目標

・好きな人と付き合うという目標

・ダイエットに成功するという目標

・英語が話せるようになるという目標

・営業成績で会社トップになるという目標

などなど、挙げればキリがありません。

しかし、目標達成の技術に関してしっかりと学んできた人は意外に少ないと思います。

今回は、目標を達成するためにはどのようなプロセスがあり、何が重要なのかを分解して考えていきます。

それを通して、何に注意しなければいけないのか、自分が足りていない部分はどこにあるのかを少しでも検証する手助けとなればと思います。

目標を達成するまでのプロセス

まずは目標を達成するまでのプロセスを簡単に分解してみたいと思います。

1 – 正しい目標を設定する

2- 目標を達成するための重要な要素を見極める

3- 目標達成に向けた具体的な数字目標に落とし込む

4- 具体的な数字目標を達成するためのアクションを決定する

5- アクションを一定期間忠実に実行する

6- 結果をトラッキングして、分析、検証する

これが目標を達成するまでのプロセスをシンプルに分解したものです。

具体的に身近な例で考えてみましょう。

身近な目標達成の例をプロセスで考えてみる

例えば、ダイエットに挑戦している佐藤さんの例を考えてみます。

佐藤さんは、健康診断でコレステロール値が異常に高くなっており、このままではまずいと思いダイエットを決心します。

そこで、まずは目標を設定することにします。

1 – 正しい目標を設定する

最初のプロセスとして佐藤さんは

3ヶ月間で、体重を5kg減らす」という目標を自ら設定しました。

5kgはチャレンジングだが、頑張れば自分にもできるという程度の目標設定です。

2- 目標を達成するための重要な要素を見極める

次に、具体的に5kg落とすためには何が重要な要素なのかを考えてみました。

自分で仮説を立てた後で、実際にネットや本で調べたところ以下、重要なポイントが分かりました。

・消費カロリー>摂取カロリーの構造にする

1kgの脂肪を燃焼するためには7,000kcal必要

5kgだと、35,000kcalなので、1日あたり約400kcal消費が必要

・筋肉をつけることで脂肪燃焼が加速される

・有酸素運動と筋トレをセットにすることが一番脂肪燃焼に効果的

・空腹期間を開けた方が脂肪燃焼が加速される

ダイエットにおける本質を見極めたところで、実際に数字目標を立ててみました。

3- 目標達成に向けた具体的な数字目標に落とし込む

・消費カロリー>摂取カロリーの構造で400kcal/1日を達成すること

・骨格筋量を現状から10%増やす

・空腹時間を112時間以上設定する

4- 具体的な数字目標を達成するためのアクション

次にアクションを決定します。

・消費カロリー>摂取カロリーの構造で400kcal/1日を達成すること

これを達成するためには、以下のアクションが考えられた。

・毎朝ジムに行くことで、消費カロリーを200kcalアップさせる

・デザートやスナックの摂取を無くすことで、摂取カロリーを200kcal以上落とす

・骨格筋量を現状から10%増やす

この数字目標を達成するためには、筋肉量の多い部分を鍛えることにした。

・大胸筋をベンチプレスを実施して鍛える

・スクワットを鍛える

最後に

・空腹時間を112時間以上設定する

これのアクションは

・夜8時以降の食事の摂取は控える

・夜遅くにご飯を食べた場合は、朝食を抜く

5- アクションを一定期間忠実に実行する

さて出てきたアクションは以下の通りです。

・毎朝ジムに行くことで、消費カロリーを200kcalアップさせる

・デザートやスナックの摂取を無くすことで、摂取カロリーを200kcal以上落とす

・大胸筋をベンチプレスを実施して鍛える

・スクワットを鍛える

・夜8時以降の食事の摂取は控える

・夜遅くにご飯を食べた場合は、朝食を抜く

これらを忠実に実行するために、佐藤さんはTODOリストを活用して、チェックリストを作ることで毎日実行できたかをチェックすることにしました。

6- 結果をトラッキングして、分析、検証する

1ヶ月実行したタイミングで、体重に変化があるかをチェックしたところ、順調に減ってはいるものの、1ヶ月で1kgしか減っていないことが分かりました。

原因としては、残業などで夜遅くになった日に、スナックなどの間食を食べてしまっていたことや炭水化物の摂取量をしっかり制限しきれていないことが判明。

なぜ、そうなってしまうのかという原因を特定し、次のアクションにつなげることにしました。

・まとめ

いかがでしたでしょうか。重要なポイントはいくつもあることが理解できます。

最初の段階で正しい目標が設定できているかどうか、そして目標達成のために本当に重要な要素は何かを見極めることが、まずは第一段階で重要です。

例えば、佐藤さんが最初の段階で、3ヶ月でマイナス10kgと無理な目標を設定してしまったり、ダイエットのための構造を理解せずに間違った方法を試していては目標は達成ができません。

特に見落としがちなのが、本当にインパクトのある要素は何かということを見極めるということです。

ダイエットの話でいうと、消費カロリーについて注目ばかりしてしまい、摂取カロリーを減らすことを見落としていては体重は落ちないです。

本質的に何が重要なのかというポイントについて一番始めの段階で、少し時間をかけて考えること、仮説を立てることがいかに重要かということが理解できるかと思います。

そして計画を立てた後は、具体的に数字目標に落とし込むということ。

これができないと、進捗をトラッキングできません。

そして、何よりも重要なのはアクションに落とし込んで、それらを忠実に実行するということ。

このポイントは多くの人が苦戦する部分だと思います。

例えば毎朝ジムに行くなど、かなり自己規律のある人でないと難易度は高く、こういうアクションを忠実に実行できるかどうかが目標達成に対してダイレクトに影響を与えてきます。

こういうアクションを継続して消化できるかどうかという点に関しては、自分なりの仕組みと習慣化を作ってしまうことがオススメです。

関連記事:目標達成のコツ、習慣の力を活用、モチベーションを維持し目標達成を目指す。

最後に、実際に結果を検証するというプロセス。やったらやりっぱなしではなく、進捗状況がどうかということを定期的にチェックする必要があります。

あまりにも進捗が悪いようであれば、原因を分析、特定して新たなアクションや数字目標を立てたりなど、次のサイクルに入ります。