仕事で自己成長するためには、トレーニングの過負荷の原則から方法を考える

仕事で自己成長するためには、トレーニングの過負荷の原則から方法を考える

前回の記事が好評だったので、より体系的に肉体的なトレーニングと自己成長の関係性について比較していき、体系化していきたいと思います。

関連記事:自己成長するためには何が必要か。筋トレから自己成長のヒントを得る

トレーニングには、いくつか原則があります。まずは一覧として見ていきましょう。

・過負荷の原則
・斬新性の原則
・反復性の原則
・個別性の原則
・意識性の原則
・特異性の原則
・可塑性の原則

これは、トレーニングの世界では有名な7つの原則ですが、肉体的なトレーニング以外の、仕事やスキルのトレーニングに当てはめたらどうかと考えてみました。

今回は特に過負荷の原則と仕事における自己成長との比較で考えていきたいと思います。

過負荷の原則とは

過負荷の原則とは、

身体が日常的に受けている、慣れている刺激を超える刺激を身体に加えるということです。

これは過去記事でも紹介した原則ですが、現状以上の負荷を常に与えなければ成長しないということです。

例えば、ベンチプレスで40kg 10回上げられる人が、ずっと40kgのトレーニングを続けていても、40kg以上の重さを上げられることはないということです。

当たり前のことですが、この原則は超重要です。

仕事における過負荷の原則とは何か

次に過負荷の原則を仕事における自己成長に当てはめてみましょう。

思い出してみてほしいのですが、1年目で入社した会社の仕事は、覚えることがたくさんあり、慣れていないので負荷は大きかったと思います。

次に2年目になると仕事内容にも慣れ始めていき、負荷は減っていきます。

すると成長は緩やかに遅くなっていきます。

仕事も過負荷の原則と同じで、業務内容に慣れてくると負荷に対して慣れてしまうため、それ以上に成長が難しくなってきます。

仕事で自己成長を強制的に促すためには、肉体的トレーニングと同様に、日常的に慣れている負荷以上の負荷を、あえて課さないといけません。

トレーニングにおいて過負荷の方法から、仕事における成長のヒントを得たいと思います。

まずはトレーニングにおける過負荷の方法を以下にまとめてみました。

・重量を増やす
1セット当たりの回数を増やす
・セット数を増やす
・セット間の休憩の時間を短くする
・運動の難易度を上げる
・可動域を広げる
・トレーニングの頻度をあげる
1つの動作のスピードを上げる
・減量しながら、同じトレーニングメニューをこなす
・フォームのブレを減らす

これらを無理矢理にでも仕事に当てはめてみましょう。

「重量を増やす」を自己成長に当てはめる

具体的に負荷を上げるとはどういうことかというと、例えば、

・より難易度の高い仕事に挑戦する

・高い責任の伴う仕事を積極的に引き受ける

・新たな業界やポジションでの仕事を求める(転職する

などがあります。

一度、現状の自分の負荷がどれぐらいかを検証してみると良いでしょう。

ギリギリの水準で頑張っている場合を100%として、今のあなたは主観でも何%の力で仕事に取り組んでいますか?

もし、50,60%しか発揮できていないのならば、早急に業務内容の見直しを図り、自分により強い負荷をかけていきましょう。

もし現状負荷を増やすことができない環境にあるならば、転職を考えることも負荷を増やす手段としては大いにありです。

関連記事:転職活動で失敗しない、就職先のミスマッチを回避するための方法を紹介

1セット当たりの回数を増やす」を仕事に当てはめる

これは、一回の作業時間の集中時間を増やすということと同等と考えられます。

例えば、これまで作業時間1回当たり15分しか集中できなかったとしましょう。

集中時間とは、目の前の仕事だけに取り掛かっている状態をさします。

携帯電話や他のウェブサイトを見てしまった場合は集中時間は途切れているとします。

この1回当たりの集中時間を伸ばすことが、このトレーニングに当てはまります。

1回当たり15分だったところを25分に伸ばす。

25分ができたら、次は30分に挑戦してみると、集中時間を伸ばすことが仕事での自己成長につながります。

「セット数を増やす」を自己成長に当てはめる

セット数を増やすとは、1日の中での集中セットの回数を増やすということ。

すなわち、集中作業時間の総数を増やすということが同等と考えられます。

1日の仕事の中でどれだけ集中した時間を確保できていますか?

実は、計測してみると分かるのですが、意外に少ないと思います。

携帯電話を見たり、おしゃべりしたり、Webでネットサーフィンしたり、タバコ吸ったり、などをしている時間が意外に多いと思います。

仕事一つだけに集中している時間を伸ばすこと、これも自己成長につながる一つの方法でしょう。

時間を見える化する方法は、以下、別記事を参照してください。

関連記事:生産性が高い仕事人に共通する、時間を徹底的に見える化する時間管理術

「セット間の休憩の時間を短くする」を自己成長に当てはめる

休憩時間自体は必要不可欠ですが、休憩時間を短くすることで、負荷を増やすことが可能です。

例えば、1回集中した後の休憩時間を30分取っていたとしましょう。

これを30分から15分に縮めるということです。

休憩時間を無駄に取っていては、自分に負荷がかかっていない状態になってしまうので、休憩時間も見直すことが自己成長につながる方法の一つです。

1日の中の休憩時間以外にも、休日を削るということも方法として考えられます。

本気で自己成長を目指しているならば、休日の時間を半日仕事や学習の時間に当てることで、負荷を上げることができるでしょう。

「運動の難易度を上げる」を自己成長に当てはめてみる

これは、重量を増やすと似ていますが、仕事の内容そのものを自分にとって難易度が高いものに変えていくということです。

・これまでに慣れていない新たな仕事に挑戦する

・目標設定を高くして、仕事の難易度を上げる

・新たな業界やポジションでの仕事を求める(転職する)

現状の会社で、これ以上難易度が上げられてないということであれば、転職も一つの手段として考えらるでしょう。

関連記事:転職活動で失敗しない、就職先のミスマッチを回避するための方法を紹介

ただ、企業の中での仕事はいくらでもあるはずなので、まずは現状で難易度を上げられるかどうかを再度判断してみましょう。

「可動域を広げる」を自己成長に当てはめてみる

肉体的なトレーニングにおいては、より身体の可動範囲を広げることが負荷につながるという意味です。

仕事に当てはめてみると、自分の業務の範囲を広げてみることが当てはまるでしょう。

自分の専門性、強みを生かして、業界や働く場所、一緒に働く人を変えるなども、活動範囲を広げるという意味で自己成長につながります。

一つの強みを掘り下げて、いろんな業界で活躍できる人材をT字型というのですが、この可動域を広げるという負荷の掛け方は、T字型人材を目指すことに近いと考えられます。

もし、より高度な負荷をかけて自己成長を促したいのであれば、他の業界や会社で挑戦するのも一つのきっかけとなるかもしれません。

「トレーニングの頻度を増やす」を自己成長に当てはめる

これは、「休憩時間を短くする」という項目と同じです。

簡潔に言えば、仕事時間を増やすということです。

これまで以上に時間をかけられれば、今まで以上には確実に成長することはできるでしょう。

年間の労働時間が5,000時間(普通の従業員の4倍近く)働いている著名経営者が多いのは、因果関係があると思います。

時間だけではないのですが、やはり量と自己成長の早さには必ず関係性があると思われます。

自分の労働時間を見直し、目標値を引き上げるというのは手っ取り早く自己成長できる手段であると考えられます。

1つの動作のスピードを上げる」を自己成長に当てはめる

これはすなわち、仕事のスピードを上げるということです。

これまでの業務で1時間かかっていたところを30分で終了させることを目指すなどです。

時間を意識して仕事をするということは、普段の仕事ではなかなかできていない人が多いと思います。

具体的な方法としては、ストップウォッチなどで業務時間を図り、見直すということができます。

関連記事:生産性が高い仕事人に共通する、時間を徹底的に見える化する時間管理術

「体重を減らしつつ同じワークアウトをこなす」を自己成長に当てはめる

これは、一つの仕事のスピードを早くする方法に似ています。

例えば、残業してダラダラ仕事をしている場合は、強制的に目標退社時間を設定して、それまでに強制的に終わらせるという方法も考えられます。

小さな子供を持つ母親が仕事を早く切り上げなければいけないために、高い生産性を発揮して業務に当たっているケースも多々あります。

時間的制約があるからこそ、生産性の向上が見込める場合もあるので、試してみる価値はありそうです。

あえて、労働時間を短くして、時間的制約を自分に課し、同じ業務内容をこなす。

これができるようになれば、仕事における自己成長につながるでしょう。

「フォームのブレを減らす」を自己成長に当てはめる

フォームのブレを減らすとは、すなわち無駄な労力を使わないということです。

これを仕事に当てはめると、仕事上の無駄を排除するということです。

普段仕事をしていると、気づかないうちに多くの無駄に時間を費やしていることがあると思います。

決まったやり方であるから、ルールだから、といった理由によって、多くの無駄な業務が発生していると思います。

こういった業務を一度見直し、本当に必要な業務なのか、何のために必要なのかといった本質的な問いをすることで業務の無駄を減らすことができます。

業務の無駄を減らすことができれば、本当に重要な業務に時間をかけることができるため、より効率的に成長につながるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

トレーニングの原則と、方法を無理矢理にでも日々の仕事に当てはめてみると、驚くほど共通点があることに気がつくと思います。

今回挙げた方法のいくつかを日常生活で意識して試してみて、実際に効果があったかどうか検証してみてはいかがでしょうか。

日常業務には慣れが発生してしまい、成長への意識はどうしても弱まってきてしまいます。

一人でも多くの人が成長に目覚めて、生産性、競争力が上がれば、強い企業が生まれ、日本も生産性の高い国になれるだろうなと、妄想しています。