【基礎編】株式投資、オススメの勉強方法を紹介

【基礎編】株式投資、オススメの勉強方法を紹介

株式投資を始めたけど、勉強方法がよく分からない。情報が沢山あって、何から始めて良いかよく分からない方は多いのではないでしょうか?

株式投資の勉強をし始めようとしても、難易度が高く挫折しまっていた経験のある方向けにも、今回は基礎的な知識や考え方を身につけられるような取り組みやすい方法を紹介しています。

本記事では以下のポイントを中心に説明します。

・株式投資の基礎を学ぶために、何から始めるべきかが分かる

・自分のレベルに合わせた取り組みやすい方法を選ぶことができる

【基礎編】株式投資、オススメの勉強方法を紹介

マンガで基礎を理解する

私は株式投資を始めて勉強する方は、マンガからスタートするのが最も難易度が低く、飽きずに体系的に基礎を理解できると考えています。

特にオススメしたいのが、インベスターZというマンガです


インベスターZは、ストーリーが面白く読者を飽きさせない構成になっている他、株式投資に関わる重要なテーマをマンガの中で網羅されているからです。

これ一冊でも十分、株式投資について学習ができるようなコンテンツになっています。

私自身も、株式投資を始めた当初は何から取り掛かれば良いか途方に迷っていましたが、インベスターZを読むことで、株式投資の基礎を飽きることなく、一気に読むことができました。

マンガでは、専門的な知識を学べないのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、しっかりと内容は調べられており、十分学習につながる内容になっています。

ある程度、投資経験がある人でも面白く、学びのあるコンテンツとなっているので、取っ掛かりとしては、ぜひオススメしたい作品となっています。


本で投資の原理原則を理解する

投資は小手先のスキルやテクニックを理解するよりは、ベースとなる投資に対する考え方や構造、仕組みを理解してことをオススメします。

原理原則を理解しておけば、それを土台にスキルを身に付けることができると考えられ、また市場環境の変化に対して柔軟に対処もできると考えられるからです。

例えば、世界最大規模のファンドを運営するブリッジウォーター社のレイ・ダリオ氏も原理原則を深く理解しているがゆえに、ブレることなく投資の戦略に対する軸を持っているため、常に好成績を上げ続けることができています。

私がオススメする投資に関わる厳選6冊はこちら

動画コンテンツで投資の原理原則を理解する

本を読むことが苦手な人は、動画コンテンツで学習することをオススメします。

動画コンテンツであれば、ビジュアルに理解をすることができるメリットもありますし、疲れた時や通勤時間中に気軽に見ながら学習を進めることもできます。

具体的にオススメの動画コンテンツとしては、動画学習プラットフォームUdemyの投資や会計関連コンテンツが特にオススメです。

私も投資を開始した当初、Udemyの中で株式投資に関わる財務会計についてのコンテンツは片っ端から購入して学習を進めていました。

有名投資家のブログを読む

有名投資家のブログ記事を読むことも株式投資を勉強する上でとても役に立つ方法です。

有名個人投資家は、実績も公表しているだけではなく、具体的な投資手法や個別銘柄の分析、なぜそのような投資を実行したのかといった背景も含めて公開しています。

より実践的な内容となっていることがあり、生きた学習素材となっているケースが多いです。

私も勉強を始めた当初は、有名投資家として、かぶ1000氏のブログ記事を読んだりしていました。有名個人投資家のコンテンツとしてはインタビュー記事としてまとまっているFroggyのコンテンツがオススメです。

会計の勉強をする

会計の基礎を学んでおかないと株式投資はできないといっても過言ではないと思っています。

なぜなら企業を分析するときには、会計情報こそが最も客観的かつ有益な情報であると考えられるからです。

例えば、売上、利益は毎年急激に上がっているにも関わらず、実態としては見せかけの売上でしかなく、ある年には損失が大きく膨らんで株価が暴落するケースなどがあります。

このような企業も、前もって財務情報を詳細に見ることができれば、会計上の売上/利益と実際のお金の動きに乖離があることが理解でき、損失を防ぐことができるのです。

そうはいっても、会計を学んだことがないという人にとってはハードルが高いと感じることでしょう。

そこでオススメの教材としては、こちらも動画コンテンツとして、オンライン学習プラットフォームのUdemyが分かりやすいコンテンツとしてまとまっているのでオススメです。

また、会計の基礎を学ぶ上では、こちらの本がオススメです。

株式投資の雑誌を購読する

株式投資に関わる雑誌を定期購読するという方法も、株式投資を勉強する上ではとても参考になる手法の一つです。

雑誌の中身は初心者でも分かりやすいようなコンテンツになっていることが多く、具体的な個人投資家の手法を交えたようなコンテンツになっており、参考にしやすいコンテンツが非常に多いです。

具体的にオススメの雑誌としては、日経マネー、ダイヤモンドZaiの二つがオススメです。

投資関連のスクールに通う

独学が難しいという場合は、多少お金がかかったとしてもスクールに通ってしまうのはオススメの方法です。

スクールに通うことによる強制力や実際にお金を支払っているという時点でコミットすることになるので、途中で挫折しにくくなるというメリットがスクール通にはあります。

また、一緒にスクールに通っている人と仲良くなれば、初心者同士の投資仲間ができることになり、お互い励まし合いながら学習を進めることもできます。

投資関連のスクールはあまり多くはないのですが、株式投資の学校NYでも話題 ファイナンシャルジム「bookee」などが挙げられます。