情報企画(3712)、株価、業績分析、強みと成長可能性

情報企画(3712)、株価、業績分析、強みと成長可能性

情報企画(3712)の業績、売上高等を分析、考察しています。


本ブログでは、小型株やお金に関する情報をメインにしています。今はブログや本以外にも、無料から参加ができるファイナンシャルアカデミー や、【投資の達人講座】 等、オンラインで学習ができるサイトもありますので、無料期間中に試してみて、投資の基本の考え方やノウハウを無料で取得するという方法もあります。

まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/10/21)

時価総額:116億円

PER(予):11.9倍

PBR:1.9倍

時価総額は100億円台で、PER予想も12倍弱と平均的な水準と言えるでしょう。ITセクターでは、割と低い株価ではないでしょうか。時期的な問題もあるのですが、SI系のサービスは割安で放置されている銘柄も結構あります。

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:2,514

2017年:2,414

2018年:2,645

2019年:2,848

2020年:3,035

成長率こそ一桁台ではあるものの、安定して成長していることは理解できます。さらに過去を遡ってみてみると、2012年に15億円程度の売上で、そこから増収を続けています。2017年の一時的な売り上げ減を除いて。

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:787

2017年:836

2018年:910

2019年:1,020

2020年:1,116

営業利益も綺麗に伸びています。売上に比例して利益も伸びるモデルであることが理解できます。

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:532

2017年:651

2018年:637

2019年:707

2020年:773

当期利益も営業利益と同様です。

ROE推移

(単位:%)

2016年:20.5

2017年:21.1

2018年:18.1

2019年:17.7

2020年:17.2

ROEが非常に高いことは魅力的です。10%後半をキープし続けています。直近は、ROEが減少傾向にあるので、利益率?に問題があるのかもしれません。

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:-

2017年:-

2018年:-

2019年:-

2020年:-

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:1,393

2017年:1,804

2018年:1,942

2019年:2,152

2020年:2,019

有利子負債ゼロで、毎年利益を計上していいるので、キャッシュは20億円と、潤沢にあります。

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:535

2017年:588

2018年:706

2019年:797

2020年:863

営業CFも問題なさそうです。

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-14

2017年:-10

2018年:-367

2019年:-352

2020年:-727

2018年以降、これまでと変わって、投資を積極的に行っている模様です。ROEや利益率の低減はここにあるかもしれません。企業として将来の変化に向けた取り組みをしているかもしれません。

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-150

2017年:-167

2018年:-200

2019年:-234

2020年:-268

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:521

2017年:578

2018年:338

2019年:444

2020年:135

直近は、投資の増加に伴いFCFは減少傾向ですが、過去を見ても、FCFを増加させようと思えば出せる事業モデルだと思います。

事業内容

株式会社情報企画は、会計・税務・金融の専門的なノウハウを活用し、主に金融機関向けに、信用リスクや融資を管理するシステムなどを提供している企業です。

全国の約600の金融機関のうち、政府系金融機関、都市・地方銀行、信用金庫や信用組合などの300以上の顧客と取引があり、圧倒的なシェアを背景とした安定した収益構造、豊富なノウハウ・データが強みとなっています。近年では、こうしたビッグデータとAI技術を組み合わせた新製品の開発も行っています。

展開している事業として、システム事業、不動産賃貸事業の2つが挙げられます。それでは2つの事業を順番に見ていきましょう。

システム事業

金融機関向け製品

金融機関向けに、当初は信用リスクの管理業務をするシステムに注力していましたが、 近年は営業や窓口のサポート、総務・経理などのバックオフィス業務をサポートするシステムを開発し、商品ラインナップを拡充しています。

信用リスクを管理する製品として、法人や個人事業主の決算書をOCR技術を用いて自動的に登録・分析するシステムや、担保・不動産を管理するシステム、信用格付けシステム、信用リスクや住宅ローンなどのリスクを定量的に評価するシステムなどを提供しています。

また、融資活動をサポートする製品として、渉外活動をサポートする地図システム、事業性評価や稟議書類・契約書作成などをサポートするシステムなども提供しています。

さらには、総務・経理などのバックオフィス領域では、決算業務をサポートするシステム、反社会的勢力をチェックするシステム、出資金や有価証券などを管理するシステムなどもあります。

このような製品は30種類以上あり、企画からシステム提供、システムデータの入力代行、アフターサービスまで幅広いトータルソリューションを提供しているのが特徴です。

事業法人向け製品

金融機関向けの製品から派生した領域で、主に税務や会計管理システムを提供しています。具体的には、IFRSにも対応したリアルタイム連結システムや、償却資産やリース、減損損失などに対応した固定資産管理システムがあります。

不動産賃貸事業

賃貸マンション3棟、賃貸オフィス1棟、賃貸店舗2件、立体駐車場1棟の計7物件を保有・管理しています。

考察

金融機関向けに特化したシステム開発を長年行っている点で、他社にはない差別化ができていること、それによって高い利益率やROEが達成できていると考えられます。

当社HPを見てもらえれば分かるのですが、少し古いHPとなっているので、もう少しIRにも力を入れれば、魅力が理解できると思います。

専門的な領域かつ、ITの知識がないとなかなか理解できないビジネスということもあって、人気銘柄とはならないかもしれませんが、これまで通り安定して増収増益が続けば、注目される可能性は秘めています。

金融機関も、生き残りをかけたDX推進によるコスト削減など、需要は今後も一定あり続ける領域ではあると言えるでしょう。


最後に、個別銘柄投資以外の選択肢として、カリスマファンドマネージャー藤野英人が運用する 【ひふみ投信】 もオススメです。足で稼いだ情報で日本全国の中小企業を発掘し、「日本を根っこから元気にする」という熱いミッションを持った投資信託なので、他とは少し違う共感型の投資信託と言えます。本ブログとのコンセプトにも近い、長期投資や本質的な企業価値をベースにした投資信託です。

※本記事に掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものです。特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また記載事項個人の調査に基づくものであり、100%正確であるとは限りませんので。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。