シグマ光機(7713)事業分析、株価水準|小型成長株、光ソリューションカンパニー、企業分析

シグマ光機(7713)事業分析、株価水準|小型成長株、光ソリューションカンパニー、企業分析

小型成長株ということで今回は、あまり人気ではなさそうなニッチな銘柄、シグマ光機(7713)をリサーチします。

過去3年の売上と利益の伸び率が高いこと、時価総額が100億以下で、財務体制が良好ということでピックアップしました。

過去の10倍株達成銘柄でも、グローバルニッチトップのメーカーであることもあり、当社はそれに該当する可能性があるのかという点でも興味を持っています。

関連記事:過去10年で10倍株、テンバガーとなった銘柄を調査、共通点を抽出

当社は、光ソリューションカンパニーと自社の表しています。

その名の通り、光を用いて、物質を加工、計測、観察するなど技術は今では欠かせない存在となっている模様です。

まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/2/1)

時価総額:101億円

PER(予):14.27倍

PBR:0.72倍

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:7,466

2017年:7,846

2018年:8,956

2019年:9,047

2020年:8,493

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:790

2017年:912

2018年:1,433

2019年:1,123

2020年:711

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:596

2017年:746

2018年:1,005

2019年:828

2020年:595

ROE推移

(単位:%)

2016年:5.1

2017年:6.1

2018年:8.2

2019年:6.5

2020年:4.6

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:249

2017年:367

2018年:454

2019年:296

2020年:724

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:2,650

2017年:2,799

2018年:2,859

2019年:2,516

2020年:3,449

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:995

2017年:826

2018年:986

2019年:869

2020年:1,144

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-467

2017年:-536

2018年:63

2019年:-825

2020年:-297

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-396

2017年:-122

2018年:-941

2019年:-420

2020年:142

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:527

2017年:290

2018年:1,049

2019年:44

2020年:846

シグマ光機の事業内容は何か

※以下は、2019年に調査した内容となります。適宜追記してきます。

事業構成は、要素部品事業とシステム製品事業に分かれています。

要素部品事業は以下のプロダクトがあります。個人投資家からするとどのような製品か想像がつきにくいですが、WEB上で製品イメージを持っておくと良いでしょう。

・光学基本機器製品

レーザ光技術の研究・開発及び生産ラインで使用されるメカニカルパーツです。
ベース、手動ステージ、ホルダー、光源、アクチュエーター他 引用:製品案内より

・自動応用製品

装置の自動化や検査・計測をバックアップする自動位置決めステージ及び制御用のコントローラ、ソフトなどです。
高剛性・精密型自動ステージ、シグマファイン(ピエゾ)ステージ、コントローラ、ソフトウエア他
引用:製品案内より

・光学素子・薄膜製品

レーザ光技術の研究開発における高精度な光学研磨品及び薄膜製品です。
これまで培った技術と実績、そして最新設備を備え様々な仕様にお応えします。
ミラー、ビームスプリッター、偏光素子、レンズ、MEオプティクス、フィルター、プリズム、基板/窓 他
引用:製品案内より

・システム製品事業は、光学システム製品
レーザ加工機周辺やバイオ関連製品、観察・計測・検査などがあります。

対面業界は、エレクトロニクス、ライフサイエンス、航空宇宙が主に該当します。

決算資料をみれば具体的にどのような製品をそれぞれの業界で提供しているのかが理解できます。

・官公庁・研究機関
・スマートフォン関連
・車・センシング
・防衛・航空宇宙関連
・メディカルフォトニクス
・通信関連
・国家プロジェクト

これだけ見ても、かなり技術力の高さが要求されるプロジェクトへ参画していることが理解できます。

注目点

・プロダクトの機能向上、小型化によって微細化等によって光技術のニーズが増している。

・当社は創業依頼、光産業に特化している。グローバルニッチトップメーカーを目指せるのではないか。

・商品企画から量産体制まで一貫して提案できるワンストップサービスを保有している

・高い技術力(官公庁や大学研究機関向けに製品提供)

・高い利益率(売上高当期利益率、約11%)

・株価が割安で人気がない点

懸念点

・フラットパネルディスプレイ業界、半導体・電子部品業界がターゲットで、設備投資の計画は、景気の変動に影響を受け易い。

・2008年の景気後退局面に業績は悪化している。不況に対する耐性はそこまで強くなさそう。(ただ、リーマンショックでも赤字には陥ってはいない。)

・大学機関や官公庁の研究予算費用によって売上が影響を受ける。

株価水準

2019年2月時点

時価総額:約110億円
PER(会社予想)約9.6倍

シグマ光機、まとめ

約13%近く当社の株を保有している筆頭株主に浜松ホトニクス、この会社も実はかなりすごい会社です。

時価総額6,500億円で、過去の業績推移を見ればわかるのですが、増収増益を続けています。

さて、シグマ光機に関しては、過去の業績と財務体制からもかなり良い会社だと思われます。

高い利益率と安定した売上、収益の推移は、高い技術力に裏打ちされているのでしょう。

当社にしかできない技術、製品力があるからこそ、差別化ができ安定成長できているのではないでしょうか。

将来的に、より製品の高度化や微細化が進展することが予想されるので、光技術はこの分野に欠かせなくなってくるのではないかと考えると、今後もニーズは続くと考えられます。

ただ、技術的な要素を理解することは専門家でないため難しいので、その点判断が難しいのがこの銘柄が注目を浴びていない一つの理由でもあるのでしょう。

IRの活動の一貫として、より分かりやすく何をやっているのか、技術面で何が優れているのかを開示していけば、より一層注目は集まるかもしれません。


種銭があまりないという個人投資家の方には、SBIネオモバイル証券などで少額で投資を始めることもお勧めです。種銭がない場合には、あまり大きなリターンを得ることは難しいですが、実際に投資をした銘柄とそうでない場合では、雲泥の差があります。

投資を実際にするという前提での企業調査や分析には力が入り、投資した後も継続的にその企業を、自分ごとのようにフォローアップすることができます。

銘柄のスクリーニング方法やその他の小型株の情報に関しては以下が参考になります。

関連記事:【まとめ】小型、成長株のおすすめスクリーニング方法、実践編

関連記事:小型成長株、銘柄一覧【注目の新興銘柄40社を独自調査】

種銭を生み出すことの重要性や、どのように種銭を積み上げるのかという方法については以下参考にしてください。

関連記事:お金を増やすためには、元手となる種銭を早く作り、複利の効果を享受する

※本記事に掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものです。特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また記載事項個人の調査に基づくものであり、100%正確であるとは限りませんので。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。