過去10年で10倍株、テンバガーとなった銘柄を調査、共通点を抽出

過去10年で10倍株、テンバガーとなった銘柄を調査、共通点を抽出

今回は、前回の記事、10倍株、テンバガー候補となる企業のスクリーニング方法、見つけ方に引き続き過去10年で10倍株になった銘柄にどのような特徴があるかを調査してみました。

過去10倍株を達成した銘柄は、50銘柄ありました。

もちろんテンバガーを達成した銘柄はこれ以外にも数多く存在していると思いますが、一時的に達成しただけで安定して10倍株となっていない可能性のある銘柄はここには含まれていません。

それでは、調査結果をみていきましょう。

時価総額150億円以下が8割を占める

こちらが銘柄の数と時価総額の関係を表したものとなります。

仮説の通りですが、150億以下の銘柄で80%を占めています。やはりテンバガー となるような銘柄は小型株が多いことが分かります。

銘柄数 割合
30億以下 10 20%
50億以下 19 39%
100億以下 32 65%
150億以下 39 80%
200億以下 40 82%
250億以下 41 84%
500億以下 47 96%
500億以上 49 100%

次に、小さければ小さい方が良いのかという話ですが、そうとも言い切れないことが分かります。

30億以下の銘柄は20%ですので、5銘柄に1つの割合で、それなりに割合としては高いのですが、小さいからすなわち10倍株になりやすいとも言い切れないことが分かります。

500億以上の銘柄は、1社のみということも注目すべき点です。

500億以上の銘柄は、具体名でいうとエムスリーです。2007年に時価総額が1000億でしたので、今1兆円を超えて10倍株を達成しています。

こういう銘柄は稀なので、10倍株を狙いたい人は、小型株150億円以下を一つの目安と考えるのが良いかもしれません。

関連記事:長期投資の銘柄選択術、具体的なやり方を基本戦略を紹介

業界は小売業が30%と割合でトップ

次に業界ごとの割合の分布をみてみました。

少し業界の分け方がうまくいかないので、少々雑な分け方ですが、小売業が30%と圧倒的に多かったです。

業種 銘柄数 割合
小売 15 30.00%
インターネット 8 16.00%
製造業 8 16.00%
人材系 6 12.00%
サービス 5 10.00%
建設 3 6.00%
不動産 2 4.00%
金融系 2 4.00%
バイオ 1 2.00%

小売業っていろんな業界に渡っていると思うのですが、具体的に細かい点をみていきましょう。

小売業では飲食店とドラッグストアが割合として高い

飲食系で10倍株を達成した銘柄は以下の通りです。

・神戸物産
業務スーパーの展開
・アトム
外食チェーン
・トリドール
丸亀うどんが有名
・アークランド
カツ丼専門店
・DDHLD
居酒屋、複数業態展開

神戸物産以外は、外食チェーンですね。DDHLDとアトムに関しては強いブランドがあるわけではなさそうで、複数の業態展開で規模を獲得した点、そのほかは強いブランドがあるのが特徴かと思われます。

アークランドなんかは、強い業態、ブランド力で一気に規模を獲得した印象が強いです。こういう銘柄は強いですね。

次にドラッグストアで10倍株となった銘柄は以下の通り、

・コスモス
九州地盤
・アイン
都心中心、門前薬局
・ゲンキー
福井地盤
・薬王堂
東北中心

こうやってみると、ドミナント戦略をとっている薬局が多いことに気づきます。

薬局という業態自体が過去10年で大きく伸びる、業界再編が行われた業界だったことが背景としてあると思いますが、その中でも地域で強みを発揮していたドラッグストアは伸びていることが理解できます。

小売業のその他は、ブランド力が強い銘柄が10倍株を達成

次に、飲食系とドラッグストア以外でも見ていきました。ジンズ

・ジンズ
均一料金のメガネ
・ノジマ
家電量販店
・セリア
100円ショップ
・VTHLD
自動車ディーラー
・フジ・コーポ
タイヤ専門店
・コシダカ
カラオケまねきねこ、カーブス

ジンズ、セリア、コシダカに共通する点としては、強いブランド力のある商品を持っているという点です。

ジンズのメガネ、セリアの百均、コシダカのカーブス。

いずれも特徴的な強みを生かして、ブランド力のある製品を武器に市場シェアを取っていった印象です。

次に、ノジマ、VTHLD、フジ・コーポは、自動車と家電という大きな産業の中で、マーケットシェアを効率的に獲得していった企業と考えられます。

これらの企業は、M&Aなどを戦略的に実施して規模を拡大していった印象があります。

インターネット関連は、各業界のトップ企業が10倍株を達成

小売業の次に10倍株となった割合が多かったインターネット関連は以下の通り、

・エムスリー
言わずと知れた、医療業界のプラットフォーム
・サイバーエージェント
インターネット広告代理店のリーディングカンパニー
・ガンホー
有名ゲーム、パズドラ
・GMOペイメント
EC向け決済システムでトップシェア
・ミロク
会計事務所向け会計システムの導入 トップシェア
・MonotaRo
製造業向け、資材の流通プラットフォーム
・さくらインターネット
データセンター運営大手
・シーティーエス
建設現場を影で支えるICT企業

エムスリー、MonotaRoに関しては、巨大なマーケットのプラットフォームを構築することができたので、今現在でも安定して成長しています。

共通している点は、どの会社も業界のシェアトップを取っている点です。

エムスリーは医療、サイバーエージェントはインターネット広告、ミロクは会計システム、MonotaROは製造業向けEC、シーティーエスは建設業界。

共通している点は、巨大なマーケット(医療、インターネット、建設、製造業など)を相手にしている点と、業界のトップを走る技術やサービスがあるという点です。

メーカー系の10倍株達成企業は、グローバルトップニッチ企業が多い

次にメーカー系を見ていきます。

共通しているポイントとしては、グローバルで戦えるようなトップニッチな製品を開発しているという点です。

・ハーモニック
精密制御減速装置が強み、ロボット産業を支えている技術
・朝日インテック
医療業界向け、PTCAガイドワイヤ
・ピジョン
育児用品に特化したグローバル企業
・福島工業
業務用冷蔵冷凍庫
・日精ASB
プラスチック製品の成形器メーカーで世界トップ
・日本ライフライン
医療機器卸が発祥、その後心臓領域で自社製品製造
・JCU
メッキ薬品大手
・寿スピリッツ
お菓子の総合プロデューサー

特徴として、業界のトップで、明確な強みを持っている企業が多いということが明確に分かります。

業界としては、バラバラなのですが、医療系などやはり大きな市場をターゲットにしていることが分かると思います。

ピジョンも育児用品と一見ニッチに思えますが、ターゲット市場は全世界となるので、ニッチトップになれれば巨大な市場が広がっているのです。

最後に話は脱線しますが、個人投資家の方には以下もオススメです。余っているTポイントを、なんと1株単位で株が買えるので小額で投資も始めることもできます。筆者も最近サービスを知り衝撃を受けました。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】