東武住販(3297)事業分析、株価| 地域ドミナントの中古不動産事業、注目小型株

東武住販(3297)事業分析、株価| 地域ドミナントの中古不動産事業、注目小型株

東武住販(3297)の業績、売上高等を分析、考察しています。

まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/2/1)

時価総額:27億円

PER(予):9.75倍

PBR:0.83倍

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:5,375

2017年:6,108

2018年:6,640

2019年:7,128

2020年:6,850

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:526

2017年:542

2018年:583

2019年:588

2020年:412

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:355

2017年:379

2018年:393

2019年:412

2020年:276

ROE推移

(単位:%)

2016年:18.0

2017年:16.5

2018年:15.0

2019年:13.8

2020年:8.8

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:627

2017年:733

2018年:1,016

2019年:946

2020年:1,751

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:419

2017年:328

2018年:337

2019年:883

2020年:591

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:194

2017年:-73

2018年:-133

2019年:762

2020年:-871

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-63

2017年:-59

2018年:-77

2019年:-82

2020年:-100

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-182

2017年:41

2018年:219

2019年:-133

2020年:678

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:131

2017年:-132

2018年:-210

2019年:680

2020年:-971

東武住販(3297)会社紹介

時価総額100億以下、売上高上昇トレンド、割高でない、注目テーマという観点からソートをかけて、銘柄を選定した。

その際に、気になった銘柄があったので、紹介しよう。東武住販である。聞きなれない会社名であるが、中古住宅の再生販売事業をやっている会社である。

ビジネスモデルはシンプル。中古住宅を当社が買取、リフォームをして新たな買い手に販売するというモデルである。

東武住販(3297)の注目すべき点

・8期連続で増収増益企業、時代の流れに乗っている点もあるが、ビジネスモデルがささっているのだろう。
・西日本に特化(福岡、山口、佐賀、大分、広島)
・築30年前後の住宅に強い。
・中古戸建物件比率が80%以上。
・販売価格は1500万円前後

これらをみれば、当社は地域特化型、中古戸建て、ターゲットは中間層の割安物件に特化、していることが特徴として読み取れる。

中古物件のマーケットは当社資料によると、米国では90%近く流通しているのにも関わらず、日本は13.5%とまだまだ浸透していない状況にあり、拡大の余地がかなりあるマーケットであることが見てとれる。

個人的見解

しかし、なぜ日本では中古物件のマーケットが浸透しないのであろうか、ネットで調べて見たが、大きなポイントとしては二つありそうだ。

一つは、中古物件の不動産仲介業者の質が低いことと、二つ目は、新築物件購入に対する優遇が中古物件に比べて大きくある点である。

不動産仲介は、基本的に紹介した物件の価格に対しての手数料収入となるので、とにかく高い物件を早く売りたいというインセンティブが働く。

当社の場合は、実際に自分たちで物件を購入しているので、リフォームをかけた費用との差額が利益となる。

したがって、むやみに手数料収入のみのビジネスとはならない可能性がある、その点、物件を自社で持たない不動産仲介業者とは一線を画するだろう。

中古物件の流通マーケット、リフォーム業界は今後注目に値する数少ない業界であろう。

関連記事:【まとめ】小型、成長株のおすすめスクリーニング方法、実践編

関連記事:小型成長株、銘柄一覧【注目の新興銘柄40社を独自調査】

種銭があまりない個人投資家の方にはSBIネオモバイル証券もオススメです。今持っているTポイントを1単元から投資ができるサービスです。SBI証券が運営しているので安心して利用できます。