イーブックイニシアティブジャパン(3658)、株価、業績分析、強みと成長可能性

イーブックイニシアティブジャパン(3658)、株価、業績分析、強みと成長可能性

イーブックイニシアティブジャパン(3658)の業績、売上高等を分析、考察しています。

まずは、客観的に事業内容を精査する前に実績値としての数字を見ていきたいと思います。

株価関連情報

(調査日時:2021/5/8)

時価総額:148億円

PER(予):16.25倍

PBR:3.3倍

時価総額は150億円以下と高騰感はありません。PERの予想も20ば良いかなので、インターネット事業を展開している企業としては、割安領域に入る分類でしょう。

売上高推移

(単位:百万円)

2016年:7,184

2017年:11,982

2018年:11,882

2019年:14,786

2020年:21,281

2021年:29,951

売上高は急激に伸びています。20年、21年とコロナが追い風になっているのか、40%超えの成長を見せており、順調そのものという感じがします。

営業利益推移

(単位:百万円)

2016年:-166

2017年:17

2018年:254

2019年:583

2020年:793

2021年:957

営業利益も同様に右肩上がりです。

当期利益推移

(単位:百万円)

2016年:-163

2017年:11

2018年:158

2019年:166

2020年:544

2021年:663

当期利益の水準も問題ありません。

ROE推移

(単位:%)

2016年:-

2017年:0.3

2018年:5.0

2019年:4.9

2020年:14.4

2021年:14.9

ROEは、2020年を境に2桁に戻ってきております。それまでは、1桁台だったので、投資が済んで安定した水準の利益をあげられる水準に落ち着いてきたのか、一時的な特需などで利益が上がっているのか、今後もこの水準を維持できるのかがチェックポイントです。

有利子負債推移

(単位:百万円)

2016年:389

2017年:240

2018年:180

2019年:120

2020年:60

2021年:60

財務内容は問題ないです。

現金等推移

(単位:百万円)

2016年:2,038

2017年:2,690

2018年:2,719

2019年:3,580

2020年:4,406

2021年:5,031

潤沢に現金がある体質です。ここ数年は安心できる水準と言えるのではないでしょうか。

キャッシュフロー推移

営業活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-149

2017年:400

2018年:511

2019年:1,814

2020年:1,252

2021年:919

投資活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-687

2017年:-285

2018年:-430

2019年:-929

2020年:-220

2021年:-241

2019年に大型の投資をしている模様ですが、2020、2021年とやはり水準は落ち着いています。

財務活動のキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:479

2017年:541

2018年:-52

2019年:-22

2020年:-205

2021年:-53

フリーキャッシュフロー

(単位:百万円)

2016年:-837

2017年:114

2018年:80

2019年:885

2020年:1,031

2021年:678

フリーキャッシュフローも、2019年以降安定して積み上がっている体制です。

事業内容

株式会社イーブックイニシアティブジャパンは電子書籍事業の販売や配信を行っています。2000年初期から電子化サービスを行なっており、電子書籍の先駆け企業です。また、ヤフー株式会社およびソフトバンク株式会社のグループ企業です。これら2つの企業の利用者データを活用出来ることが強みでもあります。

展開している事業として、電子書籍事業とクロスメディア事業の2つが挙げられます。それでは2つの事業を順番に見ていきましょう。

電子書籍事業

・ebook japan

デジタル書籍を配信するサービスとしては国内最大限のサイトです。無料で読める漫画も2800冊以上と多数あります。

ヤフー株式会社との協力運営という形をとっているため、集客やプロモーションにも強いのが特徴です。

ヤフーグループであるPayPayがそのサービスの一つです。PayPayと連携したキャンペーンの実施を積極的に取り入れています。

また、ヤフーと協力したオンライン広告宣伝を行えることから、新規ユーザー獲得のための宣伝を効率よく行っています。

システム面では「感情タグ」と呼ばれるAIシステムを実装しました。これは「泣ける」「笑える」といった人の感情でタグ分類されたものです。これにより作品の感想が一言でわかるため、全く知らない作品に興味を持つ機会を増やすことができます。

クロスメディア事業

・bookfan

紙媒体の書籍をオンライン販売するサービスです。一冊からの購入で全国どこでも送料無料で利用可能です。こちらもPayPayとの連携によるキャンペーンを実施しています。取り扱い在庫の拡大やセット販売にも力を入れており、他社オンライン販売サービスサイトとの差別化を行なっています。

またYahoo!ショッピングやPayPayモールといった大手サイトに出店しています。2019年度本、雑誌、コミック部門でベストストア三冠を受賞。(Yahoo!ショッピング、ポンパレモール、Wowma!)

独自コンテンツ

電子書籍の販売だけでなく、独自の電子コンテンツの配信も行なっています。その代表例として、「ベルリンうわの空」というオリジナル作品が宝島社「このマンガがすごい!2021年オトコ編」に入賞しています。

考察

電子書籍市場に関しては、成長は見込まれるものの、市場への参入障壁が低いという観点から、マーケットの評価は低くなりがちな傾向があるかもしれません。他にもパピレスなどを調査しているのですが、こちらも順調に成長をしており、競合他社が多くいる中で、パイの奪い合いという状況なのでしょう。

参考:パピレス(3641)、株価、業績分析、強みと成長可能性  

どのように差別化を図っていくのかというポイントでは、サイト自体のUI/UXもそうですが、マーケティングによる認知の獲得、ユーザー確保は大きいでしょう。この点は、PayPayやYahooがバックにいるのは、アドバンテージになりそうです。

客観的な数字を見ると成長性に比べて、今の水準は割安なのではと感じる銘柄の一つです。

※本記事に掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものです。特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また記載事項個人の調査に基づくものであり、100%正確であるとは限りませんので。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。