小型株、大型株を比較、違いを理解をした上で投資方針を決定する

小型株、大型株を比較、違いを理解をした上で投資方針を決定する

今回は、小型株、大型株の違いについて検討していきたいと思います。

  • 大きな投資方針として、大型株、小型株どちらにしようか迷っている方
  • 小型株への投資を検討している方、逆もしかり。

などを対象にした記事となっております。

小型株と大型株の定義

まずは簡単に小型株、大型株の定義をしておきます。

小型株: 時価総額300億円以下
中型株: 時価総額300億円以上、1000億円以下
大型株: 時価総額1000億円以上

ここでは分類をより明確にするため、中型株を含めます。

今回の比較は小型株とその他(中型株、大型株)と考えてもらって構いません。

小型株、大型株では投資参加者が異なる

まずは、銘柄の投資に参加しているプレイヤーが異なることがあります。

小型株は往々にして、個人投資家や一部小型株をポートフォリオに組んでいる機関投資家などです。

大型株は個人投資家ももちろん参加していますが、割合としては機関投資家の参加が大きいです。

これらの違いはSBI証券や楽天証券などの四季報の欄から、株主を見れば明らかです。

小型株で多いのは、個人の名前が株主に上がっていること。

これら大株主は創業者です。

一方で大型株は、日本トラスタマスターなど、機関投資家が株主に名を連ねていることが分かります。

株主の構成の違いは株価の値動きにも影響します。

個人投資家の参加が多いほど、短期的な値動きは激しくなる傾向があります。

大型株が相対的に小型株よりもボラティリティが低いと感じるのは、規模の大きさとあるものの投資参加者の属性が異なることも背景として挙げられます。

長期でのパフォーマンスの違い

小型株、大型株でのパフォーマンスの違いも次に挙げられます。

10年程度の長期で株のパフォーマンスを比較した時に小型株の方がパフォーマンスが良いという比較グラフを見たことがある人も多いのではないでしょうか?

ただ、ここには注意が必要です。

小型株のパフォーマンスは、銘柄の平均値を取っているため、一部のハイパフォーマンスが低パフォーマンスをカバーしている構造になっていると考えられるためです。

例えば、10銘柄の中で1銘柄だけ50倍になったとします。全体としてのパフォーマンスの平均は著しく上がります。

しかし、残りの9割が半値以下になっている可能性だってあります。

つまり、何が言いたいかというと小型株は時価総額が低い分、アップサイドは大型株よりもあるが、すべてに当てはまるわけではないということ。

特に、成長余地の少ない、投資家から見向きもされずに放置されている銘柄などは、何十年と株価は横ばいが続いていることが多いです。

一方で、大型株だからといってパフォーマンスが低いわけではありません。

大型株であっても、高いパフォーマンスを発揮する銘柄はあります。

ただし、10倍となるような銘柄は小型株に多いのは事実でしょう。

過去10倍株を達成した銘柄の共通点は以下の記事をご参考

過去10年で10倍株、テンバガーとなった銘柄を調査、共通点を抽出

不景気耐性はどちらが強いか

次に不景気耐性という、不景気の時に株価に耐性があるかどうかを比較してみたいと思います。

結論からいうと、小型株の方が相対的には影響を受けやすいということ。

しかし、これは全体平均の話であって個別では話は別になります。

背景としては、全体の供給株価に対して個が与える影響が少ないのが、大型株だからです。

一プレイヤーごときが、大型株全体に影響を与えることは難しいです。

しかし、小型株の場合は、投資参加者が大型株に比べて少ないため、一部の狼狽売り組や機関投資家の影響をまともに受けてしまいます。

まとめ

さて、これまで見てきた通り、これはリスクリターンの法則に従っていると思いませんか?

小型株の方がリターンは高い可能性があるが、その分リスクは高い
大型株はリターンは限定的だか、その分リスクは低い。

私の感覚では、小型株でもリスクを上手く回避する個別銘柄を見つけることができれば、リスクは低く、リターンが高い投資はできると思っております。

しかし、これは様々な要素が絡んでおり、運の要素もあるため試行錯誤と長期での実践が不可欠だと思っております。

そういっても、最初からいきなり投資をするのは不安だという方には、
今あるTポイントを使ってミニマムで投資ができるSBI証券のサービスがオススメです。
一歩目として、まずは試してみてはいかがでしょうか。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】