成長、小型株投資における失敗への向き合い方、学び方

成長、小型株投資における失敗への向き合い方、学び方

今回は、成長、小型株投資での失敗について、考えていきたいと思います。
どのような失敗が考えられるか、失敗をした後の向き合い方や学び方について、体験をもとに考えていきたいと思います。

  • これから、小型株に挑戦しようと思っている。
  • 将来的にどのような失敗の可能性があるか事前に知っておきたい
  • 既に小型株の投資で失敗してしまった人

などを対象にした記事となっております。

成長、小型株投資で、どのように失敗を定義するか

さて、最初から難しい問いかけをしたいと思います。

失敗をどう定義するか、ここがクリアにならないと、本質的な学びや成長には繋がりにくいとは思っています。

失敗とは、自分が定義するものであって、第三者との比較において失敗を定義するのは良くないということです。

例えば、ある小型株に投資をしたとします。それから一年間は鳴かず飛ばずで、株価が半額になったとします。

他の人から見たらこれは、大失敗でしょう。しかし、本人が長期投資を前提に、その企業のポテンシャルと株価のギャップに気づいているのであれば、むしろ新たな機会の到来であって失敗とは定義されません。

もしかしたら、2年後、3年後、もしくは10年後に大化けする可能性だってあります。

ただ、最初の投資仮説に基づき投資をしていたのに、その投資仮説が崩れてしまった場合には、失敗したと判断ができるかもしれません。

これも失敗と捉えるのか、コントロールができない要素なので、学習と捉えるかはその人次第です。

自分で決めたルールや仮説に従えなかった場合には明らかに失敗

例えば、20%下落したら損切りするというルールを自分で決めていたのに実行できなかったという場合は自分との約束を守れなかったため失敗と考えられるでしょう。

失敗としっかり定義することのメリットは、次への学習に活かせるということです。

ここで、失敗と定義せずに有耶無耶にしてしまうと、自分自身言い訳ができてしまいます。

言い訳をしてしまう人に成長機会は訪れません。

苦しいかもしれないですが、自分で自分の失敗を認めて、次に活かせるということは投資家にとって、重要な要素と思います。

もちろん、最初の仮説が違うかもしれませんが、自分で決めたルールや仮説に従って行動しないと、何が原因で上手くいかなかったのかの検証ができないため、再現性が生まれません。

投資であろうと仕事であろうと同じことです。

小型株成長株の場合は特に仮説やルールが重要

小型、成長株は、大型株に比べてボラティリティーが高いです。

株価が半値になったり、2倍になったりなども当たり前のように起こります。

このような時に、投資仮説や行動のルールを守ることができるか、ここが投資家には問われることとなります。

握力の高さももちろんのこと、投資仮説が違うと思えば、機動的に損切りや投資対象の変更が求められます。

余計な感情は拝さないといけません。

一方で、このようなことが誰でもできれば、そんなには簡単なことはない。

実態は、失敗を繰り返しながら、経験を積むことで成長するしかない

結局は、最初から上手くできる人なんていません。

これは投資に限らず、あらゆることに通じることです。

例えば、自転車に初めて乗った時のことを思い出してください。

誰も最初からスムーズに乗れた人はいないはずです。

最初は補助があったり、転んだりしながらもバランス感覚やコツを学んで、乗れるようになります。

重要なことは途中で投げ出さないこと、自転車であっても途中で投げ出してしまえば、
いつまで経っても乗ることはできません。

投資も同じように考えてみればいかがでしょうか?

そういっても、最初からいきなり投資をするのは不安だという方には、
今あるTポイントを使ってミニマムで投資ができるSBI証券のサービスがオススメです。
一歩目として、まずは試してみてはいかがでしょうか。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】